超小型リニアモータ、R(θ)アクチュエータ

 

超小型リニアモータ・ロッド型リニアモータ MSシリーズ

特長

  • ロッドにコイルを組込みスライダにマグネット付ですので、移動部に電気配線が不要でケーブルベア等無く、すっきりとした小型アクチュエータです。 メンテナンスフリーとなります。
  • センタ軸を中空にして空冷、また水冷も可能です。
  • 有鉄芯構造ながら磁気吸引力が均一で低リップル駆動。
超小型リニアモータ MSシリーズ
  • ※写真はボールスプラインによるガイドです。
  • ※小型リニアベアリングによるテーブル構造も製作します。
  • ※分解能、必要推力、ストローク可動部のサイズにより専用設計で対応します。

内部構造図

MSシリーズ 標準仕様

  MS09 MS16
分解能 10μ~0.1μ 10μ~0.1μ
制御方式 AC3相 AC3相
推力 定格3N 定格10N
ストローク 15~225mm 24~360mm
ステータ寸法 φ9mm φ16mm
可動子寸法 18×23H×50L mm 25×25H×80L mm
可動子材質 テーブル面 SUS304
構造体 A5052
テーブル面 SUS304
構造体 A5052

R(θ)リニアアクチュエータ RMシリーズ

特長

  • ロッドシリンダ型のアクチュエータ・リニアモータをR形状とした新製品です。
  • 可動部スライダ内はマグネットですので配線ケーブル無し。
    すっきりとした省スペース設計、移動ケーブル不要でメンテナンスフリー。
  • 有鉄芯構造ながら磁気吸引力の均一、低リップル駆動を実現。
  • ※ロッドを中空にして強制冷媒冷却を可能にできます。
  • ※必要分解能、推力、テーブルサイズなど要求仕様に対応した専用設計を致します。

RM-1682 参考スペック

  • 制御:AC3相連続制御
  • 有効回転角80度
  • トルク最大3.3Nm
  • 可動子材質 テーブル面 SUS304 他A5052
  • モータ(テーブル)中心部の曲率半径 φ82mm
  • 分解能 0.12秒/パルス

※大型のリニアモータ、Rタイプも製作致します。

超小型精密リニアモータ(標準タイプ)

超小型精密リニアモータ
超小型リニアモータ
性能
  • ストローク:30mm
  • 走り真直度:1μ/30mm
 
Copyright© CORETECH Co.,LTD. All rights reserved.